• トラックバック(-)
  • コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕豪雨、オイラも負けじと

七夕の今日、オトヒメさんとヒコボシさんには悪いが
100年の恋も冷めるほどに今日は愚痴る!
愚痴らせてくれ!!毒モリモリ!!

超どんどろ真っ黒明月の上に超長いので
スルー推奨デス。メンゴですッ☆(笑)




さぁ愚痴るぜ★

前回も言ったと思うんですけど、
オイラね、ここんとこあんま社内に居ないんです。
でもね、
今週は社内に居て、もう、もう、

お局の血が騒ぐっていうの?!
大奥総取締の血が騒ぐっていうの???

まぁ違うけど総取締じゃないけど(大奥ですらないけど)

とにかくね
オイラの逆鱗に触れまくる輩がいるわけよ
最近(つっても半年くらい前)中途入社してきた人なんですけど

お局であることは自他共に認めています涙けど、
でもできるだけね、
出来るだけだけど、
所詮オイラだし、
穏便にね、
済ませたいわけよ。

言いたいことも超オブラートに包むよ。
真っ黒いのが濃いグレーになるくらいには(笑)

だが、
唯一、
あいつはオイラの天敵だと思う。

というのもですね
さかのぼること2日前。おとといな。
ずっと気になってたの、注意したんです。
何を注意したかと言うと、
彼は、毎日マイボトルを持って出社してるんですけど、
・・・いいことだよね!エコだよね!
ただ、そのマイボトルのコップでお茶なり何なり、入れてきたものを飲むでしょ。
飲んだ後、それの、水切りをするんです。
ぴゃぴゃっっっっって。
自分の席で。床に向かって。
室内ですよ。

ありえん。
数回それを目撃してて、余りに目に余るので、
「いけま~、自分ちじゃないんじゃけ~」
と超優しく(オイラ比・笑)言いました。
そしたらヤツ、いけしゃあしゃあと
「水切らないと、次開けた時、残った水がビチャーとなってイヤなんですよ~」

・・・いや、知らんがな
自分が濡れたくないから、会社の床を濡らすのか。
って思ったんですけど
なんつーの?
そこは、「すみません、気をつけます」じゃない?
オトナとして。
たとえどんなにオイラに言われたのが気に食わんかったとしても、だ。
だから、そういう答えが返ってくる準備しか出来てなくて
そんな反論が来ると思わなくて
フリーズ(←打たれ弱い・笑)

近くに居た同僚が「そりゃーいけんわ!」とオイラの援護射撃をしてくれたので(後で聞いたら彼も気になっていたらしい・笑)、
とりあえずその場はどうにか崩れ落ちるのを堪えたんですけど、
もうな、その後もヤツ、言う言う。

「出来るだけ人が居ないところでやってるんですけどね~」
「人がおらんけーってやってええ分けないじゃろ!すみません言うところで?」←同僚
「ですよね~すみませーん」←無反省

て感じ
はらわた煮えくり返るってことのこかと思った
でもね
同僚が助けてくれたから、オイラ、大丈夫だったの。


そして今日よ
長くてごめん
今日は同僚出張中(笑)

おりしも七夕豪雨。
もッそい雨降ってるのよ。

フロアに入ったら窓全開なのね。
暑ちーもんな
ワカルワカル

ただ


豪雨だ。


フロアにはヤツともう1人若造(暴言・笑)が居た。
2人とも、吹きすさぶ雨をものともせず、普通に席に座ってやンの。


でもな、100歩譲って、席はフロアの中心あたりだから、気づかんのんかも、と思って、
(どんだけ広いフロアよ、とも思ったけど・笑)
オイラ、自ら窓閉めたよ。
ホンマ、イヤミなお局でゴメン。(笑)
そしたら気づいたのか、二人がおもむろに立ち上がって窓閉めるの手伝ってくれた。

そうよ、その心意気を待っていた!ってオイラ大喜び。(←単純笑)

そして、窓全部閉め終った後、若造はフロアの外へ(オイラが怖かったか!?)、ヤツは再び席に座りました。
いや、
窓閉めたんなら、気づくだろ。
豪雨で窓のあたりベショベショんなってんぞ。

でもな、101歩譲って、目が悪いんかも、と思って
オイラ、自ら雑巾取りに行ったよ。
ホントにホントに、イヤミなお局でゴメン。(大笑)
そしたら

まぁ無視だわな!(大笑)

ただ、そこはね、しゃーないと思ったの。これはホント。
気づいた者がやればいいと思った。

だから、ぐるーーっと全体拭いてまわって、ちょっとなんか良いことした気分になって
フロアに戻りました。


さぁ仕事すッぞ!
なんつって席ついてさー
・・・
・・・
気づいた。
超暑い。

窓、開けてたの、暑かったからじゃねーの?
雨降ってッから、窓閉めたんじゃねーの?

節電は大事かもだけど、除湿くらい、していいんじゃね?
目の前でヤツ、
超暑そうに、めっちゃウチワで扇いでる。
歩いて数歩のところに、エアコンのスイッチ、あるんですけど。

動けや!!!ちょっとは考えろや!!!(怒怒怒怒怒怒怒怒怒)

・・・
・・・
・・・
オイラ黙って、エアコンスイッチ入れた。


そして、ヤツはフロアが快適になって来た頃、ノリノリで出張に出て行きました。
自分の端末、あげっぱで。

・・・いや、あの、エコ、は?
今日の戻り、何時よ?
端末の電源抜いてやろうかしら
・・・
・・
ハッ(←我に返った)



ヤツにもね、いいところはある。
物怖じしないところとか、声がでかいところとか。

ただ、オイラとは合わん。
てってーてきに合わん!!!


今朝朝礼で、ヤツが言ってたこと。
ヤツが友人の結婚式にいったときの話。
「スタッフの連携がものすごく良かった」

・・・ごめん、君とは当分連携プレーできそうにない。
そう思ったオイラ、

大人にならんとイケン、と思いました。
すいませーん。(←無反省)

あーもう!はらたつ!!(プンスカ)

(とは言え、オイラも彼に、つか、誰かに何らかの不愉快原因を与えてるかもしれん・・・気をつけよう・・・)

スポンサーサイト

Comment form


Comments

お疲れ様~~

うひゃ~~・・ある意味大物?^^;

・・・彼ほどではないけど、、
実は私のうちの中もこんなもんです。
「暑い暑い」言いながら窓半分しか空いてなかったり
リビングの窓しか開いてなかったり(廊下とか台所とかも開けてよー)
トイレの水流れっぱなしでも気づかなかったり・・

要するに「気づかない」みたい。
もう慣れたけどサ(笑)

対処法いっこ考えた!
彼の机の近くにモップを置いといて、
ぴゃっぴゃっしたらすかさず拭く。
嫌味ったらしく。・・・^^;
何かやな顔されたら、
「床を保護するためです♪」って言うの。どーぉ?

ていうか、、自分で拭いて欲しいよね(笑)
2011.07.09 編集

ゆみ URL

ありがとうございます☆

ゆみさん♪

>うひゃ~~・・ある意味大物?^^;
ホントにホントに!(笑)大物ですよ~・・そして大声なんですよ~(大笑)

>もう慣れたけどサ(笑)
スゴイッ☆
愛があふれてる・・・!!サッスガゆみさん!!
腹に据えかねてこんなところで愚痴ってるオイラとは器が違う!(キラン☆笑)
見習いた~い☆
あやかりた~い☆

>「床を保護するためです♪」って言うの。どーぉ?
わははははっっ!アリですッ大アリデスッッ(笑)
とりあえずこないだ注意してからというもの、
彼が水筒のコップに手を伸ばすとき、ジーーーーーッと熱い視線(笑)を送っています!
ユー水切っちゃいないよ!位の勢いで。
もう恋かもしれんデス(大笑)
嘘です(即否定・笑)


>ていうか、、自分で拭いて欲しいよね(笑)
ですよね~~。
彼の口が達者なだけに、注意してるのに言い負けちゃう自分が情けなく(涙笑)
んも~
あめんぼあかいなあいうえおっっ(←今更練習してみた・笑)
2011.07.11 編集

明月 URL

Trackbacks

<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。