• トラックバック(-)
  • コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直な音

久々のレッスン日記行きますよ~ん。
昨日はさー、なんか弾く以外が充実してました。
(ってそれはどういうこと??大笑)

まずね、イキナリバヨ仲間さんの弦が切れたんです。
D線。
ハイ、私が1回も変えたことのない弦ですね!!(自信満々か!)
AとEは常に常備してないといつきるか分からないのでケースに入れてるんですけど、
Dは無い・・・。

他に誰も換え弦を持ってなくて、そこから師匠の弦トーク!!
・・・と思ったらソーセージトーク。
(腸繋がりでね!・笑)

んで引き始めた途端に師匠が軽く悲鳴をあげました(笑)

ちゃーちゃーちゃーーー、ちゃーちゃーちゃーーー♪
(火サス?)

「明月ちゃーーーん!!!なんじゃその駒は!」

「??」


言われてじっくり見てみると
・・・ゆがんでる。


菊田師匠が居たら多分スリッパではったおされるよッつーくらいゆがんでた。
えーと
G線のほうがペグ側にうにょーと引っ張られてる感じでした(妙に冷静だな)。
気づけよ、オイラ・・・。

そういわれてみれば、ここんとこペグを緩めることなく調弦してた気が・・・する。
なにせさ、最近なんか、なんとなくだけど5度調弦が面白くなってきて、ウキャ☆ってやってたからな・・・。
んで、師匠に
「このところ乾いたり湿ったりで仕方ないかもしれないけど、でも駒の様子は時々チェックしてね☆」
って言われました。
そのあと、
「自分で直さなくてもいいからねっ!!」
って念を押されたけど(笑)

駒倒れたら(位置が変わっても)一大事なんだよー!ってその時切々と言われました。
ううっ
ゴメンヨ親方。

で、師匠が「もう歪んで型が付いてるかも知れん・・・そうだったら交換せんとね・・・」とか言いながら直してくれました。
でもそれほど重症ではなく、どうにか治りました。

エカッタ・・・。


直してもらってまた「ウキャ☆」って言いながら調弦したんですけど、
あれだね
慣れるもんですねぇ!!
(2年もやってりゃ慣れるよね・・・て突っ込みはこの際無視☆そうなんです、あと数ヶ月で2年です!すげーはえーーー!)
どの音が正しいかっつーは未だによくワカランですけど、
AとE~とか
AとD~とかってのの差が分かるようになって来たよ!!


ほんで私がチョイチョイッと調弦して(嘘←すげー見栄)、弾いてるのを聞いてた師匠が一言。
「ほんと、音って性格が現れるものだけど、明月さんは本当に、


素直な人じゃね~。(←しみじみと)


本当に素直な音を出す。」


・・・?
ししょー、それはどういう意味でございましょうか???
オイラ、腹の中真っ黒ですよ??

あ、あのね、ここまで聞くとすげー褒められテルっぽいでしょ!
でも違うんです。

とにかく


メリハリが無い!!


つーことですよ。
師匠がまた親方で弾いてくれました。(←この日本語、変だよね!親方=名詞ですから!大笑)

「おしゃべりしてるみたいに弾いてごらん☆」

ほんと師匠が弾くと、親方はいい音がするねぇ~。
で、師匠も言ってました。
「明月さんの楽器は本当に明るくていい音がする!もっといい音がでるんだから!がんばって!」
って。


アイ。
がんばります。

親方、待ってろよーーー!!!
あと・・・


30年くらい・・・?
スポンサーサイト
ヴァイオリン | テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Comment form


Comments

Trackbacks

<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。